血液をさらさらにオメガ3脂肪酸にセサミンも配合のDHA&EPA

EPAとは

EPAとは

 

先生!!EPAって何ですか?


 

 

ハイ、エイコサペンタエン酸と言いまして、私たちの体に必要な必須脂肪酸と呼ばれるものの一種です。必須というだけあって体のもとになっていますので、ぜひ取りたい栄養素ですね。

 

実はイヌイットの食生活の研究をしている中で発見した物質なんです。欧米人と、イヌイットの食生活の中で脂肪分の摂取量は40%前後とほとんど変わらないのですが、心筋梗塞などの心疾患による死亡率を比べると欧米人が34.7%、イヌイットは5.3%と欧米人の7分の1の確率だということがわかりました。

 

そこに興味を持った研究者たちが研究を重ねた結果、彼らが食べるアザラシなどが青魚などを主食としているため、自然とEPAが蓄積されそれを食べるイヌイットに心疾患になる原因が少なることが発見されたのです。

 

 

 

 

先生!!それはすごい発見ですね。


 

 

研究面からみるとEPAは純度がほぼ100%の濃度の医薬品で研究が積み重ねられてきたため、人が食べるとどうなるのかということがはっきりわかっています。

 

対してDHAでは100%の濃度のものを人が食べた研究はほとんどなく、実際はEPAも混ざった魚油による研究の結果が語られているというのが実状です。

 

結果として、EPAは血液や血管の健康に様々な効果があることがわかっていますが、DHAで確定的に言えるのは脳や神経に存在するということまでになります。

 

 

すなわち、現時点ではからだの出来上がった成人の健康にはEPA、脳が作られる成長期の乳幼児にはDHA、ということになります。

 

ただ、そうはいっても脳に多いというDHAも食べておきたいというのが人情。そのような人にお勧めなのは、EPAの多い魚油を見定めて摂るということです。魚油には必ずDHAが入っており、EPAを狙って摂る限りDHAが欠乏することはありません。逆にEPAは摂っていないと確実に減っていきますので、EPAが多い食品をしっかり狙えばどちらも十分な状態にすることができるわけです。

 

 

 

先生!!明日から青魚ばかりにします!!

 

 

 

 

 

 

 

あまり無理をしないで、おいしく食事をしながら、足りないところをサプリメントで補うこともありですよ。

ホーム RSS購読 サイトマップ
サントリーDHA&EPA口コミ 血液サラサラにはこれ!! サントリーDHA&EPA効果 DHAとは