動脈硬化の予防には血液サラサラが有効

動脈硬化の予防には血液サラサラが有効

動脈硬化の予防には血液サラサラが有効

 

先生!!動脈硬化の予防には血液サラサラが有効だと聞いたんですけど?本当ですか?


 

 

ハイ、動脈硬化とは、動脈にコレステロールや中性脂肪などがたまって、詰まったり、硬くなったりして弾力性や柔軟性を失った状態をいい、動脈硬化になると、スムーズに血液が流れなくなります。

 

動脈が弾力性や柔軟性に富んでいれば、心臓や脳などの臓器や筋肉などの組織に必要な酸素や栄養の供給は行なわれます。

 

しかしコレステロールなど血液の脂質が、動脈にたまったり、酸素や栄養が不足したり、高血圧により常に血管に負担がかかったりしていると、動脈は弾力性を失い硬く、もろくなってしまいます。

 

このような状態を「動脈硬化(どうみゃくこうか)」といいます。

 

動脈硬化が進行すると、日本人の死因の主な原因である心疾患(狭心症、心筋梗塞など)や脳血管疾患(脳卒中、脳梗塞、脳出血など)を引き起こす恐れがあります。

 

それを防ぐためにも血液がサラサラであることが一つの条件だとも言えます。

 

 

 

 

そういうことだったんですね。


 

 

 

血液サラサラにするにはいくつかの方法があります。ナットウキナーゼ、クエン酸、DHA&EPA、ポリフェノール類、アルギン酸、ビタミンEとCなどを食事やサプリメントで体に取り入れる方法、薬でサラサラにする方法などがありますがやはり、自然に食事をして体に取り入れることをお勧めします。それでも足りないなと感じたらサプリメントで補いましょう。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
サントリーDHA&EPA口コミ 血液サラサラにはこれ!! サントリーDHA&EPA効果 DHAとは