オメガ3脂肪酸の特徴

オメガ3脂肪酸の特徴

オメガ3脂肪酸の特徴

 

ω(オメガ)-3とは何ですか?


 

 

ω(オメガ)-3は、構造の中に炭素の結合を2つ以上持つ多価不飽和脂肪酸ですな。
多価不飽和脂肪酸は、人間の体ではつくることができないため、食品から摂取する必要がある必須脂肪酸に指定されていますじゃ。
亜麻種子やエゴマなどに含まれるα-リノレン酸、魚油に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)などを総称してω(オメガ)-3と呼んでいるのですじゃ。


 

ω(オメガ)-3の一体何がすごいのでしょうか?


 

 

ω(オメガ)-3が有名になったのはイヌイットの食生活について調べる中で、なぜか彼らが食べている食事が脂が多いのに血液がサラサラで心臓病になっている人がいないということに着目したことから始まりました。

 

イヌイットは世界一、脂肪の多い食事をしているといわれています。

 

イヌイットの食事は、脂肪の多いアザラシやシロクマの肉がほとんどで、脂肪を控えようとする現代の考え方からはかけ離れた食生活です。脂肪の多い食事は生活習慣病といわれる糖尿病や高脂血症、動脈硬化などの原因になります。

 

しかし、調査の結果、イヌイットの血液はサラサラで、血中コレステロール値や中性脂肪値も正常でした。また、心臓病や脳卒中などの原因になる血栓もみられなかったのです。

 

これは、アザラシやシロクマが食べている魚に秘密が隠されていました。魚にはDHA&EPAといったω(オメガ)-3が多く含まれています。特に寒い地域に生息する魚はDHAやEPAなどを体内に多く蓄えていることで知られています。これらを食べていたアザラシやシロクマは必然的にω(オメガ)-3が体内に蓄積されていました。

 

イヌイットは知らず知らずの内に、体内にDHAやEPAなどを摂り入れ、心臓病や生活習慣病を防いでいたのです。


 

ω(オメガ)-3は、すごいんですね!!


ホーム RSS購読 サイトマップ
サントリーDHA&EPA口コミ 血液サラサラにはこれ!! サントリーDHA&EPA効果 DHAとは