オメガ3脂肪酸の働き

オメガ3脂肪酸の働き

オメガ3脂肪酸の働き

 

ω(オメガ)-3はいったい何に効くんですか?


 

 

・脳の老化を抑える
・動脈硬化を予防する
・コレステロールを下げる
・中性脂肪を下げる
・心臓病、がん、脳溢血・脳卒中、糖尿病、高血圧、肥満などの生活習慣病を予防する
・抗うつ作用がある
・ストレスを軽減する
・ダイエットの促進
・アレルギー(花粉症・アトピー)の症状を緩和する
・肌を綺麗にする
・血管の弾力性を高める
・赤血球の柔軟性を向上させる
こう見ると様々な効果があることがわかりますね。特にアンチ英人に関する効果が多いのに気が付きますね。
これは、血液がサラサラになることと関係が深いのです。

 


 

 

ω(オメガ)-3はアンチエイジングにも効果があるんですね。


 

 

 

こんな経験はありませんか?

 

・物忘れが多い。

 

・人の名前が出てこない。

 

実は、脳の神経細胞は一定の年齢から減少し始め、その後再生されることは無く、 脳神経細胞の中のDHA も加齢に伴って減りやすくなると言われています。

 

しかし、オメガ3脂肪酸に分類されるDHAには、脳の老化を防ぐという働きがあるといわれています。

 

DHAはもともと脳を構成する神経細胞膜の中に存在していて、このDHAの量が多くなればなるほど膜は柔らかくなります。
そして神経伝達物質の生産量が高まり、脳内の情報伝達が活性化されます。

 

老化によりDHAが減少しても、残りの神経細胞が活発であれば脳の老化は食い止められる と言われています。
このことから、DHA摂取は脳のアンチエイジングに効果的だといえます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
サントリーDHA&EPA口コミ 血液サラサラにはこれ!! サントリーDHA&EPA効果 DHAとは